チンチラを見たら「小さくてふっくらしてかわいい!すぐにでも飼いたい!」なんて想うのが遭遇の拍子。好運に感じますよね、それでも心得は肝要。なんせ長寿な動物で度合として15世代?16世代だ!最後までそばにいられる取り計らいを通して、心持ちを引き締めてから飼いましょう。
取り得がたくさんあって、温かく、美しいらしきカタチで人類をアピール決める。清潔で悪臭もしない、ウンチも臭くならない、殆ど金切声をあげない動物だ。
欠点は夜行性につき夜の作用が快活みたいだ、横にゲージを置いて持主が寝ていたらやかましい!ということで不眠症になりイライラする誘因になりかねません。
ジャンプ威力もすごいので1メートル飛びます。性質ではありますが、我が家の生態においては人騒がせだ。頭髪も抜けやすく、暑さに弱いですので気温手配が必要です。
持主との人脈を深めたいなら一匹で養う方がいいかも。ちゃんと話しかけてパートナーを通してあげないと外圧が留まりますので大切にして下さい。
チンチラの牡はスペシャリストべーションは頻繁で葛藤ではなくそういうものだと理解して下さい。雌を飼っても変わらず、頭髪づくろいを毎日しながらその途中にスペシャリストべーションを行います。家の中で気持ち良く過ごせていると思っていいのです。牡雌にも性質がありますので塩梅を見てあげて気性の荒い雌といったいるとクリティカル死んでしまうことも。
数個で養う場合はゲージを大きくして空欄を作りテリトリーを守れるみたい工夫するかゲージを一匹ずつ買ってあげましょう。ミュゼ神戸の美容脱毛なら美肌トリートメント効果アップ